煮貝めし
煮貝めし
煮貝(あわびの醤油漬)は江戸時代に起源をもつ山国甲州の名産。煮貝汁で炊いたごはんに煮貝をのせます。
◆材料(4人分)
・米 ― 4カップ
・もち米 ― 1カップ
・煮貝 ― 200g
・だし汁 ― 3カップ
・酒 ― 大さじ2弱
・みりん ― 大さじ1/2
・塩 ― 小さじ1/2
・煮貝汁 ― 1 1/2カップ
・薄口しょうゆ ― 大さじ1
・昆布 ― 5g
・卵 ― 3個
・砂糖・塩 ― 少々
・白髪ねぎ ― 適宜
・きゅうりの皮 ― 適宜
◆作り方  
1) 米ともち米は洗い、水を切っておく。
2) 釜にだし汁、酒、みりん、塩、煮貝汁、薄口しょうゆ、1センチ角に切った煮貝を順に入れてよく混ぜた後、1)の米ともち米を入れて混ぜ合わせ、昆布をのせて炊く。
3) 卵に塩と砂糖を少々入れて、錦糸卵を作る。
4) 炊き上がったごはんの上に3)をのせ、薄く切った煮貝をのせ、トッピングとして、白髪ねぎとせん切りにしたきゅうりの皮をのせる。


【 閉じる 】