ぼく飯
ぼく飯
養鰻業が盛んな新居町の伝統料理。大きくなりすぎたうなぎ(ぼく)を味つけしてごはんに混ぜ込んで食べたことがきっかけでできました。
◆材料(4人分)
・ごはん(硬め) ― どんぶり4杯分
・白焼きうなぎ ― 2本
・ごぼう ― 200g
・青じそ(又は木の芽) ― 適宜
・油 ― 大さじ1
A
  酒 ― 大さじ5
しょう油 ― 大さじ4
砂糖 ― 大さじ4
◆作り方  
1) うなぎは2センチ幅の短冊切りにしてざるに入れ、熱湯をたっぷりかけ、水切りをする。
2) ごぼうはささがきにしてあく抜きをし、水気をきって油で炒める。
3) 鍋にAを合わせて煮立て、1)のうなぎを入れ、20分ほど弱火で煮る。
4) 3)に2)のごぼうを加え、うなぎが崩れないように、鍋を持って手前に振りながら混ぜる。
5) すし桶にごはんを1/3ほど入れ、4)の煮汁をふりかけて味をつけて具をふり入れ、ごはんをのせる。これを交互に繰り返して、ごはんを切るよう軽く混ぜ合わせる。
6) 5)を丼に盛り、せん切りにした青じそ(又はみじん切りにした木の芽)をのせる。


【 閉じる 】