ひゅうが飯
ひゅうが飯
日振島を根拠地にした伊予水軍が船上で食べた丼。本来の「ひゅうが飯」はアジを使いましたが、今では鯛を使うことが多くなっています。
◆材料(4人分)
・ごはん ― どんぶり4杯分
・鯛 ― 400〜500g
・卵 ― 2個
・ねぎ ― 2本
・白ごま ― 大さじ2
・夏みかんの皮 ― 適宜
・もみのり ― 適宜
A
  みりん ― 小さじ1
酒 ― 大さじ1
しょうゆ ― 大さじ4
◆作り方  
1) 鯛は3枚におろし、刺身を作る。
2) 白ごまは煎って半ずりに、ねぎはみじん切りにし、さらしねぎを作る。
3) Aに1)、2)を漬けて、30分位おく。
4) 卵を溶きほぐして、3)に加え、約10分おいてから、ごはんにかけ、糸切りにした夏みかんの皮、もみのりを散らす。(※にら、ねぎを散らしてもよい。)


【 閉じる 】