鶏飯
鶏飯
江戸時代、薩摩藩から奄大島にやってくる役人をもてなすために作るようになった料理が鶏飯だと言われています。
◆材料(4人分)

・ごはん―どんぶり4杯分
・ささみ(筋なし)―160g
・しいたけ―4枚
・薄切り卵―4個分
・葉ねぎ―1/4束
・刻みのり―適宜
・漬け物―適宜
・鶏がら―100g
・薄口しょうゆ―大さじ2
・塩、こしょう―適宜

A
  濃口しょうゆ―小さじ4
みりん―大さじ1と1/2
砂糖―小さじ1
◆作り方  
1) ささみは塩をかけて、30分ぐらい蒸し、細かくさく。
2) 水で戻したしいたけを、Aで味がしみこむまで煮る。
3) 薄焼き卵ときゅうりはせん切り、ねぎと漬け物も細かく切る。
4) 鶏がらで(あくをとりながら)、だしをとる。鶏がらを取り出し、薄口しょうゆ、塩、ごしょうで味を整える。
5) 丼に盛ったごはんの上に1)、2)、3)、刻みのりをのせ、4)のスープをかける。


【 閉じる 】