鮭の飯ずし(新潟県)
鮭の飯ずし(新潟県)
岩船地域のお正月の祝膳を飾るなれずし。
◆材料(4人分)

  ・米    3カップ
  ・こうじ  3カップ
  ・にんじん 1本
  ・大根   1/3本
  ・ゆず   小1/3個
  ・塩引き鮭 300g
  ・笹の葉  30枚
  ・酒    大さじ2
  ・塩    少々
  ・氷頭   頭1/3個
  ・水腹子  30g


◆作り方
  
1) ご飯を60度位に冷まして、こうじを入れ、かくはんして20分おく。
2) 桶に笹をしき、1を3cm位入れ、塩を軽くかける。
3) 大根とにんじんは短冊切りにし、濃い塩水につけ、水切りをしておく。鮭は、皮をとって短冊切りにし、皮は湯に通し、小口切りにする。
4) 大根とにんじんを2の上に敷き、その上に鮭をのせる。
5) 氷頭は薄く切り、水腹子
6) その上に笹の葉を敷いて、2〜5を繰り返す。
7) 最後に笹の葉を敷いて中蓋をし2日位そのままおいてから、3〜4kgの重石をのせる。(※風通しの良い寒い所に置き、20日ほどしてから食べる。)

※飯ずしをとる時は、重石をのせたまま、出てきた水を容器に移しておいて、飯ずしをとったら、また重石をしてから水を元に戻すこと。



【 閉じる 】