ばらずし(京都府)
ばらずし(京都府)
祭りや正月などの「晴れの日」に食べられる伝統のすし。季節の青もので盛りつけます。
◆材料(4人分)

  ・米    3カップ
  ・合わせ酢(酢80cc、砂糖80K、
   塩小さじ1強)
  ・味付けさば缶 小1個
  ・砂糖   大さじ1と1/2
  ・卵    2個
  ・かんぴょう 15g
  ・ごぼう  30g
  ・しいたけ(乾物)2枚


◆作り方
  
1) ご飯を炊き、合わせ酢を混ぜてすし飯を作る。
2)

かんぴょうは水でもどし小さく切り、ささがきにしたごぼうと一緒にだし汁で炊く。水で戻したしいたけは、千切りにし、砂糖と醤油で味付けする。

3) おぼろは、さば缶を汁ごと小鍋で炒める。身がほぐれ水分がとんでから砂糖を加える。卵1個分の白身を最後に混ぜる。
4) 塩を少々入れて、錦糸卵を作る。
5) 紅しょうがは薄くスライスし、千切りにする。
6) すし飯が少し冷めたら、2を混ぜ、3、4、5、を飾る。


【 閉じる 】