もぐりずし(広島県)
もぐりずし(広島県)
すし飯に野菜、しいたけ等を混ぜ込み、広島湾の夏の名産あなごなどで飾ったばらずし。
◆材料(4人分)

  ・米    3カップ
  ・だし昆布 1枚(10cm)
  ・合わせ酢
  ・にんじん 50g
  ・ごぼう  50g
  ・れんこん 100g
  ・干ししいたけ 3枚
  ・あさりのむき身 100g
  ・あなご  150g
  ・さやいんげん 10本
  ・ゆず皮、だし汁、砂糖、しょうゆ、
   酢、みりん、塩 少々


◆作り方
  
1) 米はだし昆布を入れて炊き、合わせ酢を混ぜてすし飯を作る。
2) にんじんは、せん切り、ごぼうはささがきにして、だし汁、砂糖、しょうゆを加え、薄味に煮る。れんこんは、薄いいちょう切りにし、しょうゆ、砂糖で煮る。
3) 干ししいたけは、水でもどして千切りにし、しょうゆ、砂糖で煮る。
4)

あさりのむき身はさっとゆで、しょうゆ、砂糖で煮る。あなごは素焼きにし、細切りにする。卵は、塩、砂糖を加え錦糸卵にする。さやいんげんは、ゆでてせん切りにする。

5) すし飯に2・3の具を混ぜ、器に盛り、4を飾る。ゆず皮の千切りを天盛りにする。


【 閉じる 】