岩国ずし(山口県)
岩国ずし(山口県)
江戸時代、殿様への献上用であったといわれます。別名「殿様ずし」、全国屈指の豪華な箱ずし。
◆材料(4人分)

  ・米    10カップ(1升)
  ・だし昆布 1枚(10cm)
  ・合わせ酢(酢180cc、砂糖200g、
   塩大さじ1と1/3、科学調味料少々、
   酒大さじ2)
  ・干ししいたけ 10枚
  ・岩国れんこん 200g
   下味(酢100cc、砂糖50〜60g、
   塩小さじ1/4)
  ・卵     3個
  ・しゅんぎく 少々
  ・でんぶ   20g
  ・芭蕉の葉  適量


◆作り方
  
1)

米はだし昆布を入れて炊き、合わせ酢を混ぜてすし飯を作る。

2) 干ししいたけは甘辛く煮付け、卵は錦糸卵を作り、れんこんは薄くきって、下味をつける。しゅんぎくは適当に切っておく。
3) 木枠を酢でしめらせ、芭蕉の葉は木枠の大きさに切り替え、表面を上にしておく。
4) すし飯をのせ、平均になるように軽く押さえ、具をちらす。
5) 4の上に芭蕉の葉をのせ、具をちらす。これを3〜5段繰り返し、最後の芭蕉の葉は裏側を上にしておく。


【 閉じる 】