押しぬきずし(愛媛県)
押しぬきずし(愛媛県)
山と海の幸をふんだん使ったおもてなしの郷土料理。別名「型ずし」。
◆材料(4人分)

  ・米    4カップ
  ・酒    大さじ1
  ・だし昆布 1枚(7cm)
  ・合わせ酢(酢80cc、砂糖70g、
   塩小さじ2強)
  ・すしの具(ごぼう60g、
   にんじん80g、干ししいたけ3枚)
  ・上盛(酢じめした魚、味付けしいたけ、
   錦糸卵、塩ゆでしたえびと青豆、
   山椒の葉、そぼろ 適量)


◆作り方
  
1) 米は酒とだし昆布を入れて炊き、合わせ酢を混ぜてすし飯を作る。
2) 魚は塩を当てた後、酢でしめておく。
3) すしの具は適当に小さく切り、だし汁で煮て味付けし、すし飯に混ぜる。
4) 3を型で抜き、用意した上盛(飾りの具)で飾る。


【 閉じる 】