大村ずし(長崎県)
大村ずし(長崎県)
室町時代、大村家城主の領地奪還の祝膳が起源といわれる豪華で縁起のよいすし。
◆材料(4人分)

  ・米    3カップ
  ・だし昆布 1枚
  ・合わせ酢
   (酢60cc、砂糖大さじ3、塩小さじ1)
  ・はんぺん 60g
  ・にんじん 60g
  ・ごぼう  50g
  ・干ししいたけ 6g
  ・かんぴょう  6g
  ・卵    3個
  ・桜でんぶ 15g
  ・さやいんげん 40g
  ・砂糖、しょうゆ、みりん、塩 適量


◆作り方
  
1) 米はだし昆布を入れて炊き、合わせ酢を混ぜてすし飯を作る。
2) はんぺんは小さめの短冊切り、かんぴょうは塩もみしてゆで小さく切る。材料を煮て、砂糖・しょうゆ・みりんで味をつける。
3)

錦糸卵を作る。

4) さやいんげんは塩ゆでして、ななめ切りにする。
5) もろぶたに1のすし飯を広げ、2の具を平らに広げて、その上に3,4,桜でんぶを飾り、強く押さえる。
6) 5を5cm角に切り分ける。


【 閉じる 】