平成15年度 活動実績

《事業内容》

【推進協議会実施事業】

1. ごはんを食べよう国民運動活動事例発表会の開催

 会員相互の情報交換・交流を進めるとともに、国民への啓発に向けた会員の取り組み機運の醸成を図るため、総会開催後に活動事例発表会を開催しました。

(1) 日時 平成15年7月4日 14:20〜15:30
(2) 場所 場所 都道府県会館(東京都千代田区)
(3) 内容  
【特別講演】 ごはんがすすむ我が家自慢のこの一品講評等
竹内冨美子(14カロニック・ダイエット・スタジオ主宰)
【活動発表】
【会員の運動普及啓発資材の展示】


2. 「1月17日はおむすびの日」の普及啓発

 国民に身近な「おむすび」を通して国民運動の普及を図るため、会員の協力を得て、1月17日を中心として、お米ギャラリーなど全国25ケ所で「おむすびの日」記念イベントを開催しました。また、インターネットや携帯ウェブ等を活用した「第4回おむすびの日記念アンケート」やふるさとの小冊子3冊組のプレゼントも実施し「おむすびの日」の普及を図りました。

(1) ふるさとの小冊子3冊組(「おむすび」、「すし」及び「どんぶり」)プレゼントの実施
(2) アンケートに答えておこめ券プレゼントの実施
(3) JA全中お米ギャラリーでのイベント・キャンペーン
(4) 地域でのイベント・キャンペーン

3. 「ごはん食キャンペーン」の展開

 栄養バランスに優れた「ごはん食」の普及を図るため、情報収集と情報発信を繰り返す消費者参加型の全国キャンペーンを実施した。

(1) 四季ごとにごはんと組み合わせた朝ごはん献立の募集・紹介
 旬の食材を使った、その季節に食べたい朝ごはんの献立を「小中学生の部」と「一般の部」で募集し、料理家のケンタロウ氏により、優秀賞各10点を決定。
 優秀賞作品は、一般のホームページ閲覧者の人気投票により、各部門で季節ごとの最優秀賞〔ベストワン賞〕を決定しました。
(2) 小冊子「ふるさとのどんぶり」の制作(平成15年12月)
(3) 親子で学ぶ食育実践資料「ごはんを食べよう」紙芝居の制作(平成15年3月)
 


4. インターネットホームページでの情報提供

 ホームページを活用し、お米に関する情報や国民運動に関する情報を広く国民に提供するとともに、ごはんへの興味や知識を深めてもらうため、ホームページクイズを定期的に実施しました。

 


5. ごはんを食べよう国民運動大会の開催


 ごはんを食べよう国民運動大会をより全国的な運動として展開するため、国際コメ年の関連イベントとしても位置づけ、埼玉県、広島県の2ヶ所で開催した。

(1) 埼玉県「地産地消フォーラム」(H16.1.31)
(2) 広島県「お米フェスタ広島2004」(H16.2.28〜29)


6. 国際コメ年日本委員会への参画について


 2004年は国際コメ年。当協議会では、国際コメ年日本委員会の“幹事”として参加しており、「1月17日はおむすびの日」の普及啓発イベントや埼玉県と広島県で共催した国民運動大会を国際コメ年の日本におけるイベントとして位置づけて開催する等「国際コメ年2004」のPRに寄与した。