トップページ > 協議会からのお知らせ

ごはんを食べよう国民運動
「おいしいアイディア募集」審査結果発表

お知らせ
ごはんを食べよう国民運動の「シンボルマーク」「キャッチフレーズ」「おむすびの日」の審査結果
内容
ごはんを食べよう国民運動の普及を図るため、「シンボルマーク」「キャッチフレーズ」「おむすびの日」を募集しました。全国から7,767点の作品が寄せられ、このたび審査の結果、入賞作品を決定しました。多数のご応募ありがとうございました。

1. 審査結果

シンボルマーク部門キャッチフレーズ部門おむすびの日部門

シンボルマーク部門
最優秀作品
賞品:おこめ券20万円分
松岡 英男
まつおか ひでお, 山形県山形市
グラフィックデザイナー
日本の代表・日の丸おむすび、真っ赤なほっぺの可愛い子、おいしそうに、にっこりと・・・、今日も、お米をたべて、健康にカンパイ!

優秀作品
賞品:おこめ券6万円分
石田 隆
いしだ たかし, 名古屋市北区
グラフィックデザイナー
石川 和市
いしかわ わいち, 名古屋市北区
グラフィックデザイナー
日本人の体をつくり、健康づくり、そしてお米を守った、一本足のかかし(案山子)をモチーフに、21世紀に向かって「ごはん」ある食卓づくりを守る姿を明るく親しみやすくデザイン。
田中 資子
たなか もとこ, 大阪府枚方市
学生
大人も子供もお米を食べて稲穂のように心身ともにもびのびと未来に向かって成長していくようにと願いをこめました。

最優秀作品を「ごはんを食べよう国民運動」のシンボルとします。

キャッチフレーズ部門
最優秀作品
賞品:おこめ券6万円分
該当作品なし
優秀作品
賞品:おこめ券3万円分
ごはんが好きな、
あなたが好き!


本間 滋之
ほんま しげゆき, 長野県長野市
無職
今日ごはんに会いましたか?

松本 聡
まつもと さとし, 福島県いわき市
公務員
ごはん列島、おかわり自由

矢野 雅也
やの まさや, 京都市山科区
出版・マスコミ

優秀作品3点を「ごはんを食べよう国民運動」のキャッチフレーズとします。

おむすびの日部門
最優秀作品
賞品:おこめ券6万円分
1月17日

森澤 多美子
もりさわ たみこ, 東京都葛飾区
無職
理由:阪神・淡路大震災の日。とくにボランティアによる炊き出し(おむすび)は人々を助けました。いつまでもこの善意を忘れないため。
優秀作品
賞品:おこめ券3万円分
6月6日

藤田 智子
ふじた ともこ, 埼玉県所沢市
主婦
理由:すんですんでおすびよ
10月10日

西塚 なおみ
にしづか なおみ, 青森県八戸市
主婦
理由:お皿に乗ったおむすびを連想しました。また、10月10日は、一年で一番晴れる日が多いということなので、運動に遠足に外へおむすびを持って出かける日にしたいと思いました。

2. 審査員
天野 祐吉(『広告批評』発行人)
今井 通子(医師、登山家)
木村尚三郎(東京大学名誉教授)
永田  萌(イラストレーター)
中村 靖彦(NHK解説委員)
黛 まどか(俳人)

3. 応募状況
(1)募集期間 平成12年7月18日〜9月14日
(2)募集期間
「シンボルマーク」部門 684点
「キャッチフレーズ」部門 4,422点
「おむすびの日」部門 2,661点
 合計 7,767点

4. シンボルマーク等の活用方法
最優秀作品及び「キャッチフレーズ」の優秀作品については、ごはんを食べよう国民運動推進協議会のホームページ(http://www.gohan.gr.jp)・啓発用チラシなどに掲載するとともに、会員が作製する印刷物等にも掲載いただき、普及啓発活動に役立てます。

<<<戻る