トップページ > 「おむすびの日」記念アンケート結果発表 > 第1回「おむすびの日」記念アンケート結果発表
第1回「おむすびの日」記念アンケート結果
2001年
 1995(平成7)年1月17日は、阪神・淡路大震災の日。豊かな、飽食の暮らしが根本から問い直されました。食べ物もなく、不安のどん底にいた被災者は、ボランティアによる炊き出し(おむすび)に助けられました。
 いつまでも食料とりわけ米の重要性、ボランティアの善意を忘れないために、当協議会では2000年11月に「おむすびの日」を阪神・淡路大震災発生日の1月17日と定めました。
 そして、去る2000年12月28日〜2001年3月17日、第1回目の「おむすびの日」を記念して「おむすびに関するアンケート」を実施しました。
 このほど、アンケート結果がまとまりましたので、発表いたします。

【アンケート概要】
【応募期間】 2000年12月28日〜2001年3月17日
【応募方法】 郵便はがき、またはインターネット
【内  容】 Q1.「おむすびの具 この一品!」
   おむすびの具に最適な一品を教えてください。
  Q2.どんな形のおむすびが好きですか?
   まる・三角・俵・その他(    )
  Q3.おむすびを食べる時、自分でむすびますか?
   はい・いいえ(購入など)
  Q4.あなたの「ごはん健康法」があれば教えてください。

【総回答者数】
総数 7,089
性別 男性 女性 不明
31.3% 67.8% 0.9%
2220 4803 66

年代別 10代 20代 30代 40代 50代 60歳以上 不明
3.0% 28.1% 42.2% 17.0% 5.2% 3.1% 1.4%
211 1994 2991 1204 371 220 98
※平均年齢 34.8歳

地域別 北海道 東北 関東 甲信越 北陸 東海
4.7% 4.7% 37.4% 2.5% 1.6% 10.5%
336 331 2650 177 113 745
関西 中国 四国 九州 外国 不明
23.7% 4.8% 2.7% 7.4% 0.01% 0.3%
1680 339 191 523 1 23

アンケート結果の要旨】
Q1.「おむすびの具 この一品!」
ベスト5は、「梅干」「鮭」「鰹節(おかか)」「明太子」「たらこ」となっており、1位「梅干」が18.3%、2位「鮭」が17.4%と圧倒的多数を占めている。
地域別にみると、北海道・東北では「鮭」が1位に、その他の地域では「梅干」が1位となっている。
Q1詳細はこちら!

Q2. どんなおむすびの形が好きですか?
「三角」が81.8%、「まる」が9.4%、「俵」が8.2%となっている。
年代別にみると、若い世代ほど「三角」が好きな割合が高くなっている。
地域別にみると、東日本では「三角」に次いで「まる」、西日本では「三角」に次いで「俵」となっている。
Q2詳細はこちら!

Q3. おむすびを食べる時、自分でむすびますか?
全体では「自分でむすぶ人」が71.1%となっているが、男性では36.5%、女性では87.0%となっている。
年代別にみると、「自分でむすぶ人」は20代以上では約70%となっているが、10代では50.2%となっている。
Q3詳細はこちら!

Q4. あなたの「ごはん健康法」があれば教えてください。
「ごはんを食べること自体が、健康の源である」が最も多かった。
例えば 「1日3食ともごはんを食べる」
「少なくとも1日2食はごはんを食べる」
「朝食に必ずごはんを食べる」
「ごはんをよくかんで食べる」など
次に、「白米・ごはん+αを心掛けている」「玄米などを食べる」が多かった。
例えば 「白米に発芽玄米、黒米、あわ、きび、ひえ、押麦、麦など混ぜて炊く」
「ごはんにごま、ふりかけ(大根葉+じゃこのオリジナルふりかけなど)、きなこなどをかける」
「納豆や味噌汁、梅干などを必ずごはんと一緒に食べる」
「玄米、五分づき米、七分づき米などを食べる」
    
その理由としては 「腹持ちがいい」「便通がよくなる」「力が出る」
「集中力が出る」「体が温まる気がする」
「満腹感がある」「胃への負担が軽い」 
「疲れにくい」などとなっている。
Q4詳細はこちら!



この件に関してのお問合せ先:

  ごはんを食べよう国民運動推進協議会事務局
    〒650-8567 兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10−1
               兵庫県農林水産部総合農政担当課長内
      TEL : 078-362-3444/FAX : 078-362-4458