トップページ > 「おむすびの日」記念アンケート結果発表 > 第2回「おむすびの日」記念アンケート結果発表
第2回「おむすびの日」記念アンケート結果発表
2002年
 1995(平成7)年1月17日は、阪神・淡路大震災の日。豊かな、飽食の暮らしが根本から問い直されました。食べ物もなく、不安のどん底にいた被災者は、ボランティアによる炊き出し(おむすび)に助けられました。
 いつまでも食料とりわけ米の重要性、ボランティアの善意を忘れないために、当協議会では2000年11月に「おむすびの日」を阪神・淡路大震災発生日の1月17日と定めました。
 そして、去る2001年12月1日〜2002年1月31日、第2回目の「おむすびの日」を記念して「おむすびに関するアンケート」を実施しました。
 このほど、アンケート結果がまとまりましたので、発表いたします。

【アンケート概要】
【応募期間】 2001年12月1日〜2002年1月31日
【応募方法】 インターネット
【内  容】 Q1.おむすびを最近一週間に、何個食べましたか。
  (  )個
  Q2.おむすびを一番よく食べるのは、いつですか。
  1朝食 2昼食 3おやつ(午後3時)
  4夕食 5夜食
  Q3.おむすびに巻く海苔は、パリパリ派?しっとり派?
  1パリパリ 2しっとり
【総回答者数】  
総数 71,661
性別 男性 女性
38% 62%
26,935 44,726
※平均年齢 34.6歳
回答者詳細はこちら!


アンケート結果要旨】
Q1.「おむすびを最近一週間に、何個食べましたか。」
おむすびを食べている個数(1人1週当たり)は、3.8個(男4.2個、女3.6個)となっている。
世代別にみると、10歳代が4.7個と最も多く、次いで、60歳代が4.3個となっている。
地方別にみると、東日本が3.7個、西日本が4.1個となっており、西日本が0.4個多くなっている。
都道府県別にみると、1位が和歌山県の4.47個、2位が広島県と愛媛県の4.41個となっている。
Q1詳細はこちら!

Q2.「おむすびを一番よく食べるのは、いつですか。」
おむすびを一番よく食べる時は、昼食が67%と最も高く、次いで朝食が20%、夜食が7%、おやつ(午後3時)と夕食が各3%の順となっている。
Q2詳細はこちら!

Q3.「おむすびに巻く海苔は、パリパリ派?しっとり派?」
おむすびに巻く海苔は、パリパリ派が74%、しっとり派が26%となっている。
世代別にみると、10歳代及び40歳代以上ではパリパリ派が80%程度を占め、20〜30歳代に比べて、パリパリ派の割合が10ポイント高くなっている。
地方別にみると、西日本ではパリパリ派が81%で、東日本に比べて10ポイント高くなっている。
Q3詳細はこちら!



この件に関してのお問合せ先:

  ごはんを食べよう国民運動推進協議会事務局
    〒650-8567 兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10−1
               兵庫県農林水産部総合農政担当課長内
      TEL : 078-362-3444/FAX : 078-362-4458