トップページ > 「おむすびの日」記念アンケート結果発表 > 第1回「おむすびの日」記念アンケート結果 > 4.あなたの「ごはん健康法」があれば教えてください。
【4.あなたの「ごはん健康法」があれば教えてください。】

1)ごはんを食べること自体が、健康の源である」が最も多かった。
例えば、 「1日3食ともごはんを食べる」
「少なくとも1日2食はごはんを食べる」
「朝食に必ずごはんを食べる」
「ごはんをよくかんで食べる」など

2) 次に、「白米・ごはん+αを心掛けている」
     「玄米などを食べる」が多かった。
例えば、 「白米に発芽玄米、黒米、あわ、きび、ひえ、押麦、麦など混ぜて炊く」
「ごはんにごま、ふりかけ(大根葉+じゃこのオリジナルふりかけなど)きなこなどをかける」
「納豆や味噌汁、梅干などを必ずごはんと一緒に食べる」
「玄米、五分づき米、七分づき米などを食べる」
その理由としては、「腹持ちがいい」「便通がよくなる」「力が出る」「集中力が出る」「体が温まる気がする」「満腹感がある」「胃への負担が軽い」「疲れにくい」などとなっている。

3)その他
  「ダイエット食としてのごはん食の活用」
「胃腸が弱った時のお粥・重湯(梅干入り)」
「風邪を引いた時のおじや
(ジンシャー(生姜)おじや、野菜・鶏肉入りのブラジル風おじやなど)」
「便秘の時の寒天入りごはん」
「つわりの時の抹茶入り玄米茶かけごはん」
「スポーツする前におむすびを食べる」など
もどる



この件に関してのお問合せ先:

  ごはんを食べよう国民運動推進協議会事務局
    〒650-8567 兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10−1
               兵庫県農林水産部総合農政担当課長内
      TEL : 078-362-3444/FAX : 078-362-4458